一生醒めない魔法 (風 are you?感想)

 

昨年の「風 is a doll?」に続き今年は「風 are you?」

2016年8月11日~16日、6日間、計9公演を菊池風磨は駆け抜けた。

“風 is a doll ?”では人形たちの怪盗団が人間になるために必要な心をお客さんから盗むというコンセプトであった。

自分は何者なのか。どの顔が本当の自分なのか。今の自分は、自分がなりたかった自分なのか。学校、会社、友人、恋人、家族。他者とのさまざまな関わりの中で生きる中、誰もが抱くこの疑問。「自問自答」をテーマにしたのが今回の“風 are you?”

ライブ終盤にもそのテーマに込めた想いを語っていた。

 

照明が落ちると自らの英語ナレーションとストーリー性のある映像が流れる。

“Lost Memory(記憶をなくした)” 

の一言で始まる。物語の中の彼は自分自身を失い、何も考えない時間を過ごす。存在理由も誤魔化して生きる。そんなある日、自分に問いかけるー“Who are you?” 

 

  • It's Going Down! (風磨)
  • Party up! (風磨)
  • 雨傘(TOKIO
  • Lovin' U (KAT-TUN
  • YOUR STEP (山下智久
  • My Lovin' Season (風磨)
    〈オーディションコント〉
  • FIGHT ALL NIGHT (KAT-TUN
  • SUMMARY
  • 言葉より大切なもの (嵐)
  • 恋を知らない君へ (NEWS)
  • 内容のない手紙 (NEWS)(北斗)
  • V.I.P
  • rouge (風磨)
  • But… (風磨)
  • ALL or NOTHING (嵐)
  • 愛ing-アイシテル- (Hey!Say!JUMP)
  • Loveless山下智久
  • 36°C (TOKIO
  • FaKe (風磨)
  • Wait for You (V6)
  • リリック (TOKIO
  • Oh yeah! (嵐)
  • 20-Tw/Nty- (風磨)
  • 挨拶
  • …more(風磨)
  • Hello (風磨)
  • BANG!BANG!バカンス(SMAP

 

 

 

  • It's Going Down! (風磨)

オープニング映像の衣装で登場しモノクロのバックスクリーンに映るシルエット…透けたサングラスから覗く瞳とエコーのかかった歌声、6人と息の合ったダンスで瞬く間に風 are you の世界に吸い込まれる。

 

  • Party up! (風磨)

レーザーとダンスが融合したパフォーマンスから始まる。(ここで、すごい!と感動したが、このあともっとグレードアップされたものを見せられるとはまだ知らない)丸い枠の中に一瞬にして閉じ込められる風磨くんが「枠に囚われない自分」を表現したかのようにその円を色を変え自由自在に動かしていく。

いつのまにかマイクを捨て、風 are you メンバー6人と踊り出すParty up! は風 isでの赤ソファーの演出とまた違い、キレッキレに踊っていて最高だ(赤ソファーの演出もかなり好みではある)

ラップ後の「3...2...1...haha」と笑う風磨くんに抱かれたい

初めの2曲だけで簡単に意識を失うかっこよさ。憶測ではあるが、この2曲がOPのクラブで踊り遊ぶ自分自身を表現しているのではないかと思わされた。

 

かっこいい…と唖然としているとバックにバンドを背負う風磨くんが登場し、「待って〜鼻をきかせなよ」と甘い声で明転する。毎度のことながら菊池風磨TOKIO曲の親和性に驚かされる。時に目を細め、時に瞼を閉じ、愛おしそうに歌い、高音を少し苦しそうに歌う。(ここゲロ萌えます)マイクスタンドに手を添えて指でカウントする風磨くんにも惚れ惚れする。じんわりと汗を光らせ、曲終わりに盛り上がってこうか」(低音イケボ)で微笑むのは反則だった。レッドカードです。退場です大好きです。

 

 ----------------------------------------------------

風 are youメンバーの幼少期役のチビJr.が登場し過去を回想する

「頭の中にガキの声がこだまする。そういえば昔の自分はこんな風に耳につく声だった気がする。」

風磨くん役の子が、「シンプルに〜」と風磨くんの口癖を使ったりこのストーリーのこだわりが垣間見える。『好きな人言おうぜ!せーの!(……!)』

 

口パクで叫んだ瞬間にイントロが流れ、ピックを咥えながらギターを弾く樹くん、カホンを叩く慎ちゃんがライトアップされる。歌い始めると同時にライトアップされる風磨くんは衣装チェンジし、片足を上げながら二人がけのソファーに寄りかかる。歌詞を聴いて、きっとそこは彼女といた空間なんだと分かる。湿度高めの歌声のLovin'U は本家とはまた違った良さが引き出され、風磨くんらしさが出てた。Jr.の3人と樹くん、慎ちゃん、風磨くんの6人が作り出す世界観が美しすぎて息を飲んだ。 頬を伝う汗も、腕に付けた風 are youの髪ゴムもすべてが光っていた。

 

ここで雰囲気がまた一転とする。お揃い衣装で幼少期のチビジュと風areメンがペアになって踊る。それもとてつもなく幸せそうに。踊りながらペアでアイコンタクトしたり、中心に集まって風磨役の子が樹くんに押しつぶされたり、風磨くんが隣の子をつかんだり、可愛さが満点すぎる。ラストでは風磨くんが川崎くん(風磨役のJr)をハグすると風磨くんの胸に身をゆだねる川崎くん…それを見る風磨くんの眼差しが優しすぎて惑星が一つ誕生してた。

 

  • My Lovin' Season (風磨)

「歌える?」「俺からいくよ?」

「いいね」「次おれの好きなフレーズあるんだけど歌って?」とマイクを向ける風磨くん。あぁ、好きな風磨くんだ。幸せそうに私たちの歌を聴いてくれる風磨くん。あぁ、もっと好きな風磨くんだ。最後に「できんじゃん」って満面の笑みではけていく風磨くん……軽率に恋に落とされた(必然)何処となく風isで「素晴らしい」と囁く風磨くんと重なる。

 

  〈オーディションコント〉

 ここを見ると風 are youメンバーが大好きになるしかなくなる。

 今年バックを支えたのが、普段から風磨くんと交流のあるJrの松村北斗森本慎太郎、田中樹、原嘉孝目黒蓮、森継亮太。あまり絡みがなかった人もいたらしく風磨くんが決起集会をひらき、海にいったり人狼ゲームしたりして仲を深めたらしい。オーラスには風磨くんが風 areメンバーのひとりずつの名前を出し始め、話しながら泣いてしまったという展開も待っていた。

 

・お客さんにじゅり~って呼ばれて「すみませんね、かっこよくてね」と冗談を飛ばす樹くん

イシツブテ呼びされる慎ちゃん

・「お~いお前、って呼ばれてます」って真顔で言う北斗くん

・ドアの開け方がかなり近くめんどくさい森継くん

・原くんの「大丈夫だ~俺がついてる!」でツボにはまり「か~がやく Milky ウェイ↝」で完全にノックアウトされる。

・「イェーイブウウウン!!!!!」でドアをぶち破り「水戸黄門!!!!」で消える目黒くん

・すぐシリアスにもちこみがちな慎ちゃん

・ドアを何回も開ける慎ちゃんにツッコみながら素で笑ってしまう風磨くん

・帰りも同じことやられて笑いが止まらない風磨くん(かわいい…)

 

書き出したら止まらない。面白い。とにかく面白い。面白すぎる。

 

コントからの流れでチビJrと風 are youメンバーが赤青に分かれてバトる伝統芸。

チビジュにやられてわざと痛がる兄さんたちがかわいい。

 

  • SUMMARY

チビジュが脱ぎだして見てはいけないものを見てしまった背徳感に襲われる。風 areメンが浴衣姿で登場(スキニーは見なかったことにしよう) キター!!!恒例行事!!夏の風物詩!!!

「よ~し飛ぶぞ」「もうちょっと下げてもらえますか~」「オッケーでーす」(小芝居がすごい…)

「飛ぶぞ!」でグルングルンに回される7人(エンジンはきっと菊池風磨…ひとりだけ速い…)

大事な曲でふざけた罪で罰ゲームに選ばれる原くん。いい意味で期待を裏切られた。

「風磨くんが絶対言わないセリフ」

“君のハートにラブズッキュン♡”

君に才能しか感じられない。好きだ(大声) 

 

  • 恋を知らない君へ (NEWS)

ほんのり焦げた肌に浴衣を身に纏う姿はあの夏の翔平で。さっき夏祭り行ってきたんでしょう?さっき未羽に「浴衣似合うね」ってそっと襟直されたでしょう?と聞きたくなる程で。一瞬にして夏と恋を初めて知った翔平に戻っていて、でもそこ立っているのは菊池風磨だった。不思議な感じがしたが、とても眩しかった。NEWS兄さんたちがまだコンサートで歌っていない曲をやらせてもらえる風磨くんの人の良さも感じられる。この曲を聴けば私たちは2016の夏を思い出すだろう。何年後にも深町翔平を思い出すだろう。風磨くんのWho are you?の問いの答えの中に「深町翔平」が存在してほしいと願う。

 

  • 内容のない手紙 (NEWS)(北斗)

正直、北斗くんの歌声をしっかり聴いたのは初めてかもしれない。不意打ちのソロは心臓に悪い…こんなにも声が綺麗だとは……

 

  • V.I.P

ここはホストクラブか?(大フォント)

 

  • rouge (風磨)

シーツの海にどこまでも落ちたくなる曲ナンバーワン。

「rouge…」という風磨くんのアダルティな声と共にシーツに見立てたカーテンからシルエットで登場。ハットにサングラスをかけ一階に降りてくる。女性ダンサーのシルエットの前で、踊るけど踊りきらない演出が曲ととてもあっていた。単に女性のシルエットに合わせて踊ってるだけかと思ったら大間違いだった。徐々に近づき、曲終盤にシーツに入り込み、外したサングラスをハットに入れ女性と重なる…ハットを渡すためだと自分に言い聞かせてみたが、女性ダンサーを抱き寄せる風磨くんがハッキリ見え、ちゃんと肩に腕を回してキスするように覆いかぶさっていた。やはり21歳のrougeは一筋縄ではいかない。

 

  • But… (風磨)

同じところから7人のシルエットが映し出されButが始まる。一糸乱れぬダンスを見るとさっきコントをやっていた人と同一人物か疑うほどの変わりよう。(落ちてくる袖が気になりちょくちょく直す風磨くんが愛おしい)

ノーエコーな風磨くんのラップはとてもいいが、rougeでもやっていたラップ中の指を身体に添わせる振り付けはアダルティすぎて子供一人産みそうなので是非やめていただきたい。

 

  • ALL or NOTHING (嵐)

ふまじゅりラブショット。風磨くんと樹くんの声の調和が神的だった。違和感が全くない。\オールオア?/\ナッシン!/のリスポンスを聴くためにイヤモニ外してくれる風磨くんがとても好きだ。ピースした後の風磨くんが本当に幸せそうで樹くんが作ってくれた世界に感謝ですありがとうございます(早口)

 

  • 愛ing-アイシテル- (Hey!Say!JUMP)

真っピンクのスキニーを履いて、打点の高いジャンプで登場した慎ちゃんに秒速で度肝を抜かれた。思わず停止ボタンを押した。開始30秒……なんだこれは………7人の成人男性が完全に少女時代と化してる。振り切りすぎて気持ちがいいほど。本当にさっきまでバキッバキに踊っていた人たちか?何かの間違いか?ジュニアと入れ違ったか?ここまでギャップを見せつけられると「さすが」としか言えない。そこが風 are youメンバーの良さで魅力なのだろう。

その中でも視線を強奪してくる人が原くんだった。徐々にエスカレートする原くん挟みで一人ずつの『アイシテル♡』は、ラストの無言の『アイシテル♡』で全部持ってかれた……まるで不意打ちエルボーを100発ほど喰らった気分だ……

風磨くんも負けてない。全力で『ラブズッキュン♡』をやる菊池風磨がそこにいて、リズムを取りながら上下する肩、ピーンと伸ばした腕 、重力に負けそうに傾げた首の角度、絶妙にひねる腰、あひる口をさらに尖らせた唇、これらを兼ね備えながらどセンターで女子ドルしている菊池風磨が、そこにいた。女子として完敗した。かわいすぎる。かわいいの天才だ。

セクゾコンサートではそれまがいの事を言わされてるが、地上波ではカメラに抜かれればスカしていて、どちらかと言えばヤンチャで危なっかしいイメージの強い風磨くん。キラキラアイドルとは少しかけ離れた彼がステージ上ではじける笑顔でぶりぶりに踊っている。衝撃的だった人も少なくはないだろう。風磨担としては最高に中毒だった。

因みに、かわいい振り付けを覚えるのが苦手な風磨くんが思いっきりぶりっこしたら「抱きしめたいよ 君を〜」の振りが飛びそうになってるので是非見て欲しい。まさに可愛い」「愛おしい」「食べちゃいたいの三拍子。

7人全員がこの状況を全力で楽しんでいた。風磨くんが通るとブンブン手を振る目黒くん。「絶対離さない〜」で目黒くんの手をいつまでも離さない樹くん。一列に手を繋いで美脚ダンスする風磨くんの顔の角度は完璧。最後に持っていくのはやはり原くんと慎ちゃんだった。ラストのキメ顔は次の日まで引きずるほどジワりもの。

 

チビジュの演出で夕暮れになるステージ。ついさっきまでぶりぶりだったのにクールに踊るからやっぱりずるい。視線強奪者の原くんも風磨くんの隣でキレッキレに踊っていた…ギャップがひどい…七変化表情に魅了され続ける。選曲も最高で曲との相性も抜群だった。「笑ってたいな」でスマイルの振りをする風磨くんが忘れられない

 

優しい「ワン…トゥー…スリー…フォ…」でLovin'U の世界観が再び戻ってくる。コーラスにJr.をつけ、座りながらじっくり聞かせる。マイクスタンドを触らない風磨くん。汗を滴らせる風磨くん。チビジュを見て微笑む風磨くん。全部好きだ。アルバム曲の36℃をもってくる風磨くんは根っからのTOKIOっ子だなと思った。

 

  • FaKe (風磨)

床の中からレーザーをとりだし操り出す。上下左右から放たれるレーザーを遮る風磨くんの顔が真剣そのもの。Fakeが始まると同時に風磨くんの両端に慎ちゃんと樹ちゃんが現れ代わりに遮る。まるで二人が風磨くんを守ってくれているかのようだった。歌詞と連動しレーザーの色が変わっていく。迫るレーザーに逃げる3人。この演出にどんな意味が込められていたのか。

 

  • Wait for You (V6)

風磨くんを囲むようにレーザーを持ち床に座る6人。指折り数える風磨くんの後ろ姿で曲が始まる。歌詞と同じように振り返る風磨くんもとても好きだ。さっきとは打って変わり、レーザーで遊び踊り狂う7人。一瞬でTDCをクラブにする。客席を煽る風磨くんも、レーザー咥える風磨くんも、好きだった。先輩の曲を風磨くんなりに捉え、意味付けする風磨くんが好きだった。正解なんてない。だからぜんぶ大正解で素晴らしかった。 (咥えたレーザーを口から離す仕草はタバコのそれみたいで…死)

 

  • リリック (TOKIO

照明とバンドを背負いスタンドマイク一つでリリックを奏でる。風磨くんがアイドルという事を忘れた瞬間だった。「Fly away〜」で両手を広げ風 are メンバーの方を向く風磨くん。バンドの音とその空気に身を委ね気持ちよさそうに空間を游ぐ風磨くんは私の大好きな風磨くんだった。 

 

  • Oh yeah! (嵐)

「みんな歌える?」「まだ声出る?」「俺から歌うからみんなついてきて」「いくよ?」風磨くんの問いかける声がとてつもなく優しくて心がギュン…っ!!!とされる。枯れる声で\Oh Yeah!/を叫んでもう一度風磨くんの嬉しそうな笑顔を見たい

 

  • 20-Tw/Nty- (風磨)

映像が流れる。自分を失い彷徨っていた彼は過去の自分によって『今』を見つける。自分のいる周りの環境が暖かく、優しいことに。そして周りに存在する全てがかけがえのないものだと。過去の自分達の夢が今の自分達なら、今の自分も捨てたもんじゃない。

ここで風 is の『今の自分』が『過去の自分』に別れを告げる小芝居が再現されていた。

 幼少期の写真がスクリーンに映し出され、ここでも風 is を思い出された。ひとつ違かったのはそこに、風 areメンバーとの夏の思い出があった。海のではしゃぐ写真と共にバックに並ぶ風 areメンバー。信じて愛をくれてありがとう、躊躇うことも忘れて心からありがとう、と6人に伝えたかったのだろう。

 

挨拶

今日は本当に本当にありがとうございました。
今回のライブタイトルは“風 are you?” テーマが自問自答。学生だったり、アイドルだったり、アーティスト、役者、タレント。いろんな肩書が自分の中にある中で、どの顔が本当の自分なのか。自分って一体誰なんだろうともう一度見つめなおして、考えて、そうやって作ったライブです。僕の小さい頃の夢は嵐になることでした。嵐になりたくて、どうやったら嵐になれるんだろうか一生懸命考えて、今ここにいます。でも、今ちょっと夢が変わって、今の僕の夢はSexyZoneになることです。僕が小さい頃、嵐になりたいって思ってたように、いろんな人に僕も夢を与えられるような存在になりたいという意味を込めて、SexyZoneになりたいと、そういうふうに思っています。

その後、質問コーナーで出た友達を作るのが怖いという質問に対してまた考え、言葉を真剣に選んで答えてくれる風磨くん。「友達に恥じない生き方をする」をモットーにする風磨くん。人が自然に集まる魅力を持っている風磨くんは決して友達は少なくはないだろうし、どちらかといえば多い方だろう。そんな彼からの「別に多くなくていいと思います。ひとりふたりでもすべてを打ち明けられる友達に出会って欲しいなと思います」はかなり響いた。

 

  • …more(風磨)

アルバムを買って死ぬほど聴いたこの曲。どの曲よりも気持ちを込めて歌う風磨くんに心臓が打たれた。風 areメンバーがひとりずつ入れ替わる演出も美しかった。オーラスに泣きながら歌ったときいて胸が熱くなった。

 

  • ED映像

蛍光のペンキを塗りあってダンスを踊る風磨くんと風 areメンバー。(かわいい…………悶) 壁にはたくさんの「風 are you?」の文字やメンバーの名前が。「fuma」「Thugu」「HARA」「jyuri」「Hoku」「Ren」因みに慎ちゃんは「sin」にhが抜けてて無理矢理いれていた(笑) 

ペンキで汚れた服で踊る7人がキラキラしてて。頭を寄せ合って寝ころぶ7人がキラキラしてて。この7人が風 are youメンバーで良かったと心の底から思った。この7人でなきゃこの夏を作れなかっただろうなと。

 

  • Hello (風磨)

  • BANG!BANG!バカンス(SMAP

アンコールでこんな幸せな曲を落としていく風磨くんはやはり天才だ。バカンスで客席に降りり頭をポンポンしまくる風磨くは幻想か?と思うほどファンサービス満載。友達を作るのが怖いと言っていた彼女のもとに歩み寄る風磨くんは好きにならざるを得ない。人一倍優しいんだ、風磨くんは。

メンバー紹介で風磨くんに「あとで楽屋な」と言われる原くん、「寝ます、絶対寝ます」と断言する目黒くん(風磨くんのおやすみが雑)、投げキスする森継くん、「みんな友達になってください」とお願いする北斗くん(風磨くんの ははっ俺らは友達だよ?は爆モテアウト)、趣旨がわかんねぇよとツッコまれる慎ちゃん、風磨くんの名前を叫ぶ樹くん。みんな大好きになった。『これが俺の仲間です』って笑う風磨くんは世界一幸せそうで、この先もずっと見ていたい顔だった。幸せそうな姿を見てもっと幸せでいて欲しいと思う私は一番幸せなのかもしれない。

 

 

 

終始、菊池風磨の高いポテンシャルに圧倒され、アーティストとしてだけではなくエンターテイナーとしてもその自己プロデュース力に脱帽した。 デビュー五年目。アイドル、アーティスト、役者、タレント、さまざまな活動する中で“風 are you?”という問いに出した答え。それは、《菊池風磨そのもの》であるのだろう。色々な顔があるというのは社会を生きているということ。《たとえ誰に見せる顔でもその全てが“自分”なんだ》と。その先にみえる彼の“SexyZone”になるという夢。このソロ公演でフィードバックしたのものが合わさり、必ず5人でかなえてくれると確信が持てた。

そして最後には私たちをも魔法にかけてくれた。《ここを出たら、この先にある人生を悔いのないよう自分の道を幸せに歩める》

 一生醒めることのない魔法を。

“風 are you?”

“I'mー”